Juicyマーク
ホーム品質管理と製品開発品質管理
熊本の果樹情報ジューシー商品紹介フルーツセンター販売お問い合わせみかんでヘルシー突撃!隣の果物ご飯ジューシーdeごはん研究開発工場紹介本会概要女性活躍推進行動計画リンク
品質管理室便り
< 品 質 管 理 >
 安心、安全で高品質な商品をお客様へ提供できるよう、HACCPシステムにもとづいた衛生管理を行っております。また、品質マネジメント規格であるISO9001、食品安全マネジメント規格であるFSSC22000の認証を取得し、更なる顧客満足と品質保証体制の向上を図っております。
(1)HACCP
 『 熊 本 工 場 』
(缶製品) @清涼飲料水:その他の清涼飲料水、無殺菌・無除菌
 平成14年4月2日 承認取得
 『 白 州 工 場 』
(紙製品) @乳飲料:第二工場 200mlライン
 平成10年12月25日 承認取得
A乳飲料:第四工場 250mlライン
 平成28年11月29日 承認取得
B清涼飲料水:殺菌後密栓・密封 全ライン
 平成17年12月22日 承認取得
(2)ISO9001
 『 熊 本 工 場 』
@ISO9001:紙容器飲料製品
 平成22年 3月29日 認証取得
  AISO9001:缶・ペット飲料製品
   平成26年12月16日 認証取得
  BISO9001:柑橘類・野菜類の搾汁製品
   平成30年12月17日 認証取得
 『 白 州 工 場 』
@ISO9001:紙容器
 平成25年10月21日 認証取得
(3)FSSC22000
 『 熊 本 工 場 』
@FSSC22000
 平成28年3月20日 認証取得
 『 白 州 工 場 』
@FSSC22000
 平成25年10月21日 認証取得
 
(4)当会の果実飲料について
 当会で製造している果実飲料について、日本農林規格(JAS)の内容をご紹介致します。
 日本での果実飲料はJASにより「ジュース」及び「果汁入り飲料」の2種類に分類されます。簡単に表現すると、「ジュース」は、果汁もしくは果汁と野菜汁の合計の使用割合が100%のもので、「果汁入り飲料」は、果汁の使用割合が10%以上100%未満のものになります。なお、10%未満のもの(無果汁のものを含む)はその他の飲料(清涼飲料水等)となります。
 また、ジュースは「果実ジュース」、「果実ミックスジュース」、「果粒入り果実ジュース」及び「果実・野菜ミックスジュース」の4つに分類され、その中で「果実ジュース」は更に、「ストレートジュース」と「濃縮還元ジュース」に分類されています。
 「ストレートジュース」とは、搾った果汁そのままを何も加えずパックしたジュースのことです。「濃縮還元ジュース」とは、搾った果汁を一度濃縮し、それを水で還元しパックしたジュースです。当会で製造するジュースについて分類すると次のようになります。
 表.JASによる当会製品の分類
果 実 飲 料 商 品 名
ジュース 果実ジュース ストレート
ミカンストレート(紙)
デコポンストレート(缶)
濃縮還元
みかん100(紙、缶)
あまなつ100(缶)
オレンジ100(紙)
アップル100(紙)
りんごクラウディー(紙)
晩柑しぼり(紙)
パイン100(紙)
グレープ100(紙)
果汁入り飲料(:果汁の割合)
みかんちゃん(紙):50%
収穫野菜(青)(缶):40%
すっきり甘夏(紙):30%
でこぽんくん(紙):30%
香りのデコポン(紙):30%
トロピカルマンゴー(紙):30%
じゅーしーくん(紙):40%
ページ上部に移動
Copyright (C) JA熊本果実連,All rights reserved.