ジューシーは学校給食を応援しています。

学校給食 ジューシー みかん100%
ジューシー
みかん100%
所要栄養量の基準
 厚生労働省が示す平成12年度日本人の1日の栄養所要量をもとに、幼児・児童・生徒の家庭における栄養摂取量の数値を考えあわせて、「表1」のような学校給食の所要栄養量の基準が定められています。

  幼児・児童・生徒1人1回当たりの平均所要栄養量の基準

 朝、昼、夜と1日の食事を3回に分けると昼食にあたる給食は1日に必要な栄養所要量の1/3の量に安全量をプラスした量でいいわけですが、「表2」を見ても分かりますように、家庭で不足しがちなカルシウムやビタミン類は必要以上の1/2以上を摂取でるように考慮されています。

【表2】 児童中学年(8〜9歳)の栄養所要量中にしめる給食の栄養量

   栄養所要量中にしめる給食の栄養量

ジューシーと学校給食
 毎日ビタミンCを摂取することにより疲労を少なくすることができます。これはビタミンCが筋肉の中にたまる疲労物質の処理を早めるためです。このことがエネルギーの回復をよくし、ホルモンの分泌を正常に保ち、疲労によって発生する細胞の崩壊を少なくするのです。ジューシーには、このビタミンCがたっぷり。子供たちの健康を応援しています。
栄養内容

学校給食はどのように注意してつくられるか
 学校給食に限らずどんな献立でもたてるうえで注意しなければならないことがあります。栄養のバランスがとれており、そして食べる人の嗜好が取り入れられ、季節感があり経済的でしかも衛生的であることなのです。

具体的には、
(1) 子供たちの成長発育、健康保持に必要な栄養量を満たし、特に家庭で不足しがちな食品を取り入れた内容のもの。
(2) 味付けや献立の組み合わせなどが子供の嗜好にあったもの。
(3) 新鮮で良質・安価な季節の食品を取り入れ、かつ調理法にも季節感を取り入れたもの。
(4) 1食あたりの給食費に見合う献立。
(5) 衛生的に調理できるもの。
などが考えられます。

戻る