bc023_a.gif (718 バイト)

製品ができるまで
最新の機械設備と、良質の原材料がおいしさの源です。
昭和46年11月 熊本工場は操業を始め、衛生的な環境、近代的な設備でみかん、野菜などを搾汁しています。

トラックダンパー

原料みかん荷受
(トラックダンパー)

熊本、鹿児島両県各地より搬入されます。

下へ

選果・洗浄

選果・洗浄

果径選別機により、L、M、Sサイズに選別され、腐敗果などを除去し、食品洗剤により洗浄、水洗いなどを行います。

下へ

インライン洗浄

インライン搾汁

全果(皮ごと)搾汁されます。
この時、果汁の風味を損なう原因となる果皮片及び種子は排出されます。

下へ


副産物(果皮)の利用

「アミノジューシー」液肥

アミノジューシー(液肥)

精製分離

精製分離

果汁中の溶存酸素を除去してビタミンCの損耗や香美、色調の変化を防止します。[脱気]。

下へ

濃縮機

濃  縮

殺菌後、真空装置内において低温短時間で、濃縮します。ストレート果汁製造の場合は濃縮しません。

下へ

ドラム充填

ドラム充填

18リットル缶または200リットルドラム缶に充填されます。

下へ
[次のページへ]

戻る     次へ